【風景写真】もう雨は怖くない!雨天時の撮影に必要なアイテム7選

初めに

皆さんこんにちは,fotoshinです。

Youtube fotohsin channel を運営し、風景写真のVlogや

レタッチチュートリアルの動画をしています。

冬が終わり春から秋にかけて雨が降ることが多くなります。

雨の日の撮影って濡れるし本当に大変ですよね。

しかし、雨の日だからこそ見られる美しい光景もあり

実は撮影がとても楽しいコンディションでもあります。

今回はそんな雨の日にあると撮影が楽しめる

便利なアイテムを15個紹介します。

これまで雨の中での撮影がめんどくさくて、または

怖くてできなかった方は是非チェックして見てください。

1.雨具・レインウェア

まず撮影に至る前に最も大切なのは

自分が外に出なくてはなりませんので

そのために必要なツールを揃える必要があります。

その中でも大切なのは雨から身を守るための

雨具・レインウェアとなります。

一般的にはゴアテックス製のもの、撥水性に優れ

さらに透湿性に優れている素材を選択すると良いでしょう。

アウトドアショップに行けば必ず販売されていますので

持っていない方は一着あると安心です。

Millet ティフォン 50000 ストレッチ ジャケット HONEY MUSTARD XS MIV01479posted with カエレバ楽天市場Amazon

THE NORTH FACE ザ・ノースフェイス Men’s CLIMB LIGHT JACKET メンズ クライム ライト ジャケット L ブラック K NP12003posted with カエレバ楽天市場Amazon

アウトドアブランドの製品が何かと信頼度も高く

おすすめしますが、正直ワークマンのレインジャケットも

全然使えますので、車から少し降りて程度の撮影なら

ワークマンの雨具でも問題ないでしょう。

レインファクトリー ベーシックタイプ 4L ネイビー RF-11(1着)posted with カエレバ楽天市場Amazon

2.撥水作用のあるグローブ

撮影中手が濡れると夏場とはいえ

手がとても冷たくなることがあります。

夏山の登山で標高2000m以上で雨と強風に打たれると

場合によっては凍傷になってしまうケースもあります。

最近はカメラを持って登山を楽しみながら撮影する方も

増えていますが、撮影時だけでなく移動時にもあると

とても安心です。

ファイントラック finetrack フラッドラッシュ EXP グローブ ユニセックス L BK ブラック FAU0311posted with カエレバ楽天市場Amazon

以前Youtubeでもレビューしたノルウェーを拠点とする

アウトドアグローブを扱うVALLETもおすすめです。

中でもミルフォードが雨天時にはベストです。

3.折り畳み傘

レインウェアがあれば傘なんて必要ないと思われがちですが

実は傘もあると撮影時には便利なことが多いです。

例えば移動中にさせば自信はもちろんカメラバッグが

濡れてしまうことも防げます。

こちらのVlogではまさに傘が大活躍してくれています。

どうしてもレンズを交換しなければならない場面など

少しでも雨から機材を守ってくれますので

カメラバッグに忍ばせておくと安心です。

アウトドアメーカーの傘は特に軽量で丈夫な設計に

なっているのでおすすめです。

モンベル 傘 1128560 SVシルバー サンブロックアンブレラposted with カエレバ楽天市場Amazon

4.カメラ用レインカバー

私たち人間も雨で濡れないようにレインウェアを

装着するように大切なカメラにも装着させてあげると

雨による故障から守ってくれます。

価格帯も様々で色々なタイプのものがありますが

基本的に昨日は変わらないのでどれを正直選んでも

大きな差は無いでしょう。

雨が降り続ける中で長時間撮影する場合は携帯しておくと

良いでしょう。

ベルボン カメラレインカバー(1個)posted with カエレバ楽天市場Amazon

エツミ カメラレインカバーS簡易型 E-6668posted with カエレバ楽天市場Amazon

また、家庭用のビニール袋を加工して被せてあげるだけでも

それなりに雨は防げます。

5.ブロアー

ゴム風船の先端に棒がついて押すと空気が出る

アイテムです。

メンテナンスでの用途のイメージが強いですが

雨の日の救世主です。

レンズやフィルターに付着した水滴を簡単に

吹き飛ばしてくれるので撮影がスムーズになります。

レンズクロスでも良いですが、一度濡れるとそれ以降は

水分を寧ろ付着させてしまうので注意が必要です。

そのためレンズクロスは乾いたものを複数枚

準備しておくと良いでしょう。

ハクバ ハイパワーブロアープロ 02 L レッド(1個)posted with カエレバ楽天市場Amazon

ケンコー デジタル レンズクロス Mサイズ ベージュ(1枚)posted with カエレバ楽天市場Amazon

6:ショルダーバッグ

雨の日はついカメラを背負っているバッグにしまいがちです。

いざ撮影と思っても取り出すのが面倒で、まあいいかと

諦めてしまうこともあるでしょう。

そんな時にのショルダーカメラバッグがあると便利です。

撮りたい時にさっと取り出して、雨の中での貴重な一瞬も

逃さないようにしましょう。

7.ビニール袋・乾燥剤

撮影後に移動する際や、撮影地から長時間かけて

帰宅する際に湿気ったカメラをそのままにするのは

故障の原因になります。

少しでも除水を心がけ自宅に帰るまでもケアして

あげることが大切です。

よく

ブロアーで水分を吹き飛ばし、乾いた布などで

しっかり拭き取った後

大きめのビニール袋に乾燥剤、カメラ、レンズを

入れ密封にしておきましょう。

ハクバ キングドライ 強力乾燥剤posted with カエレバ楽天市場Amazon

まとめ

以上が雨の日にあると必要なアイテム7つを紹介しました。

拘るともっとたくさんのアイテムがあると思います。

実際に現場に出て、あれがあると安心だなと思ったら

少しずつ増やしていけば良いでしょう。

Youtubeにて今回の内容をもう少し細かく説明しているので

是非確認して見てください!

雨の日の撮影は本当に楽しいです。

急激な天候の変化や災害には注意が必要ですが

是非雨天の撮影を楽しんでください!

それではまた!

>風景写真の背景丸ごと伝えるYoutubeチャンネル

風景写真の背景丸ごと伝えるYoutubeチャンネル

長野県北部を中心に撮影をするfotoshinの 撮影記録やそのほか風景写真に役立つ情報を 動画で配信しています。

CTR IMG