初心者から分かるLuminarの輝度マスク(LuminosityMask)の機能・使い方をfotoshinが紹介

初心者から分かるLuminarの輝度マスク(LuminosityMask)の機能・使い方をfotoshinが紹介

はじめに

こんにちはfotoshinです。

SkulumのLuminarに輝度マスクが使えるのは

ご存知でしょうか?

英語ではLuminosity Masks(ルミナシティ−マスク)

とも呼ばれますが様々な編集シーンで活用されます。

使ったことある方もいるのでは?

完全に使いこなしてますって方もいると思いますが

今回はLuminarや画像編集が初心者の方向けに

この輝度マスクの使い方についてまとめてみました。

後半に少し上級者向けの内容もありますので興味のある方

は是非最後までご覧ください。

輝度マスクとは?

そもそもマスクってなんですか?という人も

いるはずなのでそんな人はこちらの記事をご覧下さい。

Luminarの基本的なマスクの使い方を理解しよう

Luminarの場合マスクを起動した際

基本的にマスクがかかっている部分にのみ

フィルターの効果が反映されます。

輝度マスクについて

では、輝度ってなんのことでしょうか?

簡単に言うと明るさのことをさします。

Luminarで輝度マスクを適応すると画像

の明るさをもとに自動的にマスクを

作ってくれます。

物の境界線なども綺麗にマスクを

塗ってくれる為普通にブラシでマスクを

作るより自然な仕上がりとなります。

輝度マスクを作成

まず実際にどんなものか見てみましょう。

こちらのサンプルの画像に輝度マスクを適応します。

輝度マスクは全てのフィルターで個別で

適応できますが、

新規レイヤーを作成して適応した方が

後に複数のフィルターを使用できるので

こちらをオススメします。

続いて筆のマークを選択し輝度を選択します。

そして出来上がった輝度マスクがこちらです。

ん?

小さっ!

レイヤーの横にある白黒のものが出来上がった輝度マスクです。

しかしよく分からないですよね。

作成された輝度マスクの確認

そこで今度はまた筆のマークからブラシを選択します。

そして画面左上のアイボールのマークを押して

黄色にします。

すると、おっ!

赤い画面が登場します。

コレが元の画像をもとに作成された輝度マスクです。

ご覧の通りこのマスクは明るいところに

より多くのマスク(赤い部分)が塗られており

逆に暗い部分には薄く塗られており元々の山の黒い

部分が透けて見えています。

輝度マスクの反転

逆に今度はこのマスクをひっくり返すこともできます。

マスクの欄の反転をクリックします。

すると今度は

こんなマスクとなります。

反転前と後でマスクを比較すると以下のように

なります。

これが輝度マスクの原理です。

これで輝度マスクの内容は大体お分りいただけた

かと思いますが、実際にどう使うのか

それが知りたい方が多いのではと思います。

ここからが本題なのでじっくり説明していきます。

Advertisement

輝度マスクの使い方

輝度マスクの使い方は人それぞれだと思うので

コレとコレだけです!

とは言及できませんが私が普段使用する主な

使い方を大きく分けて三つ説明します。

1:明暗別に特定のフィルターの効果をかける

輝度マスクの用途

明るい部分(暗い部分)により多くのマスクを

かけてくれるのが輝度マスクなので、それを利用して

明暗でターゲットを絞ってフィルターの効果を

かけることができます。

どんなフィルターを使っても自由ですが

私はトーンカーブシャープディテール補正

オートン効果ラディエンス

などのと合わせて使用することが多いです。

輝度マスクの作成

試しにこちらのサンプル画像で輝度マスク

を使用します。

岩肌の勇ましい様子。

もう少し岩の部分のメリハリをつけたいので

今回はディテール補正にて岩の質感を高めてみます。

どうしていちいち輝度マスクを使うのか?

そう思いますよね?

普通にドカンとフィルターの効果をかければ

いいじゃないと思いますが、

シャープ明瞭度ディテール補正など

は出来るだ必要な部分にかけたいところです。

何故なら空や雲にかかると画質が質感を損ね、

ノイズの原因にもなります。

そこで輝度マスクを使うと効果的なのです。

 

早速マスクを作成すると以下のようなマスクができます。

ご覧の通り雪や雲の明るい部分に多くのマスクが

塗られ赤みが強くなっています。

つまりこの部分を中心にこれから適応する

フィルターの効果がかかります。

その他の薄い部分は弱く効果がかかります。

マスクの反転

今回効果をかけたいのは岩の部分、

しかしこのままでは意図したところでない部分に

マスクが多いので、ここで使うのが先程の

マスクの反転です。

左側が元のマスク、右側が反転後のマスクです。

今回メインでフィルターを適応したい岩肌にしっかり

マスクがかかっています。

反転こんな感じで使用すると便利ですね。

ブラシツールで調整

もちろんこのままでも良いのですが

できたマスクをブラシツールで不要な部分を

消去してよりターゲットを絞ることもできます。

出来るだけエッジを綺麗に消したほうが

好ましいですがこのくらいざっくり

でも構いません。

 

ここまでくればあとは必要なフィルターを

適応させましょう。

今回はディテール補正を以下の

値で適応します。

そしてできた画像の比較はこのようになります。

空や海など不要な部分を除き岩の形に沿って

フィルターの効果をかけることができました。

以上が輝度マスクで必要な部分に

ターゲットを絞ってフィルターの効果

をかける方法です。

ポイントは自分が調整したい部分は

周囲に比べ際立って明るいか、暗いかを見分けることです。

2:フィルター、Looksの効果をマイルド化する

明暗に基づく輝度マスクを使うと

フィルターやLooksの効果をマイルドにする

効果があります。

全体量を調整する方法がありますも

輝度マスクを使うことでより立体感・透明感

が生まれ自然に効果を調整できます。

フィルターのマイルド化

まず元の画像に普通にオートン効果をかけます。

左が効果なし、右が効果ありです。

今回は分かりやすくするために80という

値に設定しました。

この状態ですとご覧の通りかなりモワッと

した感じで一見いい感じにも見えますが

自然さにかけてしまいます。

そこで元の画像から輝度マスクを作成すると

以下のようなマスクが出来上がります。

より明るい水の部分や明るめの葉っぱや苔に

多くのマスクがかかります。

ではここで先程のオートン効果を

今度は値をマックス100にしてかけてみましょう。

仕上がりの画像がこちら。

左がフィルター無し、右が有り

 

輝度マスク無しと有りで比較してみましょう。

左が無し、右があり。

どうでしょうか、輝度マスクが適応されている方が

より自然に見えませんか?

さり気なく効果をかけたい時に輝度マスクを

使うとこのようにフィルターの効果をマイルド化

してくれます。

LUTなどとも相性がいいので是非試してみて

ください。

Looksのマイルド化

Looks(プリセット)でも同様に

輝度マスクを使うと効果をマイルド化

してくれます。

これはフィルターかLooksかの違いであり

やっている事や原理は変わりません。

 

今回はLuminar LooksのRemarkable

を使用します。

輝度マスクを使用しない場合

プリセットを使用するとこんな感じです。

これはこれでカッコイイのですがもう少し

自然にしたいところ。

全体量を50まで減らしてみましょう。

まずまず効果も薄まって自然に見えます。

輝度マスクを使用した場合

続いて新規レイヤーを追加して

そこで輝度マスクを適応させLooksを選択します。

Ramarkableの効果の値を100まであげて

できる画像がこちらです。

見た目も薄口で自然に見えます。

ここでLooksの全体量の値を50にした時と

比較していきましょう。

左がLooks全体量50、

右は輝度マスク適応のLooks全体量100

 

とても細かい部分ですが

私は輝度マスクを適応して調整した方が

空の青さも残っており、透明感が有り

自然に見えます。

好みにもよりますので、使って比較しながら

自分のベストだと思うものを選択しましょう。

選択肢の一つとして使えます。

Advertisement

3:輝度マスクを自由に操る裏技

ここからは少し上級テクニックの紹介です。

国内初の情報ではないでしょうか。

少し複雑ですがお付き合いください。

 

輝度マスクは用途が豊富でとても便利だ

ということは説明いたしましたが、

ある疑問があります。

輝度マスクをもっと自分でコントロール

できないのか?

Photoshopのプラグインとして海外の

Luminosity Maskのパネルを使用している人

ならそう思うはずです。

 

残念ながら現在のLuminar3では輝度の範囲を

自由に操る機能はありません。

しかし、レイヤーとあるフィルターを上手く使う

ことでそれができてしまいます。

輝度マスク作成の為のレイヤー作成

今回はこの画像を例に雲や空の明るい部分に

ターゲットを当てて様々な調整を行います。

 

まず初めに輝度マスクを作るために

新規レイヤーを準備します。

分かりやすく「輝度マスクの元」とします。

このレイヤーは後に無効化したり消すことになるので

最終的な結果に反映されません。

 

白黒変換とトーンカーブのフィルターを使用

  

 

感のイイ人はここで何をするのか

分かるはずです.

ここでは全て白黒にし白黒変換のHSL機能

で格色ごとの輝度を調整します。

また、トーンカーブを使い更に細かく

調整します。

ポイントは

自分のターゲットを当てたいところを

白くしていく(明るくする)ことを意識

しましょう。

 

これはHSLとトーンカーブの基本を

理解していれば比較的簡単にできるはずです。

そしてできたのが以下のような白黒画像です。

 

Photoshopで輝度マスクを使ったことある

人であれば見覚えのある図です。

白黒画像から輝度マスクの作成

しかしこれはあくまで元の画像であり

輝度マスクではないので、この画像から

輝度マスクを作成します。

そうです。

全ては輝度マスクを作る為の調理なのです。

出来上がった輝度マスクはこちら。

ご覧の通り白黒の黒の部分は暗い為

マスクはかからず、白い部分のみマスクが

適応されています。

もちろんここからブラシツールの消去で

不要なマスクは消すこともできます。

しかし逆の塗り足しは不自然になるので

あまりオススメしません。

 

輝度マスクの複製・貼り付け

続いて完成したマスクをコピーします。

レイヤー左のマスク部分をクリックし

複製を選択します。

これで作成した輝度マスクがコピーされます。

続いて新たに新規レイヤーを作成

そこにコピーした輝度マスクを貼り付けます

コピーされると以下のように同じ輝度マスク

が適応されたレイヤーが完成します。

ここまできてようやくスタート地点です。

完成したこのレイヤーに必要なフィルター

を追加し調整を開始しましょう。

今回はゴールデンアワーソフトグロートーンカーブ

覆い焼き・焼き込みの4つを使用して編集します。

このレイヤーは輝度マスクがかかっている

部分、つまり雲、空などの明るい部分にのみ

4つのフィルターの効果が反映されます。

そして出来上がった画像の比較がこちらです。

どうでしょうか。

しっかりターゲットを当てた部分に

フィルターの効果が反映されていますね。

 

これを応用すると様々な場面で活用

できそうですよね?

明暗を使いマスクを作ることでよりものの形、質感

にぴったりなマスクを塗ることができるので

結果として自然になります。

慣れないと時間かかるかもしれませんが

身につけると非常に便利です。

是非活用してみて下さね!

 

まとめ

今回はLuminarにおける輝度マスク

(Luminosity Mask)の機能及び使い方について

初心者から上級者までが使えるテクニック

を紹介しました。

存在は知っていたけど、いまいち使い方が分からず

使ったことがない人も是非今回の内容を踏まえ

活用してみてください。

 

fotoshinは風景写真を中心に撮影し

Luminarを愛用しています。

便利な情報、役立つテクニックがあれば

今後も紹介していきます。

まだLumianrを持っていない人は是非

試してみましょう。

購入の際は私のプロモーションコード

FOTOSHIN

を入力し約1000円の割引となります。

是非お使いくださいね!

楽しい撮影、楽しい編集をしていきましょう!

 

風景写真のYoutubeチャンネルも

運営中です。

お気軽にどうぞ!

Advertisement