2019年横浜CP+でSkylumブースが盛り上がる!fotoshinが登壇しました

2019年横浜CP+でSkylumブースが盛り上がる!fotoshinが登壇しました

はじめに

 

2019年2月28日から3月3日まで開催された

横浜CP+においてアメリカが本社の画像編集ソフトウェア

SKYLUMが出展されました。

なんとこのソフトウェアは今年初めての出展でありましたが、

非常に多くの人から注目を浴びていました!

このブログの著者であるfotoshin channelも今回の

イベントにて登壇し、私自身愛用している

SKYLUMのソフトウェア、主にLuminar3について

お話をさせていただきました。

とても多くの方々が来てくださり、興味を持っておられました。

 

当日は,

かの有名な500pxの創設者であり、アジアのSKYLUM

成長部門を務めるEvgeny Tchebotarev氏を初め

その他にも有名な写真家である

山村健児氏(Pashaderic代表)Kyon.J氏黒田明臣氏

による登壇もあり多くのファンが足を運んでいました。

そんな豪華なメンバーに著者である私

fotoshinが割り込んで登壇させていただきました。

 

因みに私fotoshin

風景写真の背景を動画で伝えるためのYoutubeチャンネル

fotoshin channelの運営者です。

現在国内での風景写真のこうしたスタイルのYoutuberは

正直自分だけと思っていて、もっと増えて欲しいと

思っています。

コラボ動画したいです!

どんなチャンネルかはこちらをご覧ください。

その他にも、撮影だけでなく写真を総合的に

楽しんでもらえるように、僕が愛用しているSKYLUMの

ソフトウェアで画像編集のチュートリアル動画を配信しています。

こんな感じで風景写真の大好きな私が楽しく

動画で情報を発信しています!

といったのが私fotoshinの自己紹介です。

イベントを通して私fotoshinが感じたこと

三日間通して登壇の他ほとんどの時間SKYLUM

のブースで来場者の方々とお話させていただいたり、

既に使用しているユーザーともお話させて頂きましたが、

本当に多くの人が関心を持っていることに気がつきました。

そんなことをちょっとまとめてみます。

年配の方に人気があったこと

実際にブースでお話をさせていただいた中で

なんとなく年配の方々にもかなり人気があった

印象があります。ちょっと以外で結構驚きでした。

「編集とかあまりやらない」

「各メーカーの現像ソフト使ってる程度」

なんて方々が多かったですが、プリセットの機能や

人工知能AIの機能に皆さん惹かれていました。

年配の肩でも既に使っている方も何人かいましたが

結構皆さん気に入っているようでした。

 

人工知能AIを使用したフィルターが人気!

多くの人の目を止めたのが人工知能AI

を用いたフィルターです。

人口知能AIがそれぞれの画像を解析し

自動的に美しく編集してくれるというものです。

しかも驚きなのは、スライド一つでそれが可能と

なるということ!

現在のLuminar3では

Accent AI フィルターと、AIスカイエンハンサー

の二種類が代表的な人工知能を用いた補正ツールですが

正直これだけでも全然通用する結果が得られます。

これまで時間のかかっていた下準備の補正があっという間に

終了し、その先の細かな補正に取りかかれるので

私自身とても重宝しています。

何より編集時間を大幅に短縮できます。

今後もこうした人工知能を用いたフィルターが出てくる

とのことです!本当に未来が楽しみですね。

Advertisement

魔法のオートン効果を知らない人が多い!

公演中にこの効果について知っているか質問した際に

ほとんどの方々が首を横に降っていました。

カナダの風景写真かマイケル・オートン氏が産み出した技法です

が、ふわっとした独特な世界を醸し出してくれるフィルターです。

 

実際にこの効果を使うとなるとPhotoshopで作成するのが

一般的で、Photoshopを使えなかったり、レイヤーの概念が

分からないと、少々難しいのですが、

Luminarならスライド一つでこのオートン効果を

かけることができます!純粋にすごい!

チュートリアル動画でも解説していますので

是非ご覧ください!

Advertisement

人工的的に太陽を作る太陽光フィルターが面白い!

公演中にこのフィルターの説明を始めた途端

多くの人が関心を持って集まってきました。

人口的に太陽作るとか、普通じゃ無いですよね…

「フザケンナ!」という思いなのか、「うおーーーー!」

のどちらかわかりませんが、おそらく後者の方が多かった

気がします。体感的に。

 

森の中で木の隙間から太陽や光条を出したり強調したい時、

夕焼け空に太陽を出現させてしまいたい時

などに重宝します。

もちろん人工的なものなので自然派の人には抵抗があるかも

しれませんが、実際には超便利です!

こちらもチュートリアルで紹介しています。

Advertisement

 

新感覚ツール・Loupedeckへの関心

今回のSKYLUMブースにはなにやら面白い物体

が置かれていました。

それがヘルシンキ発のハードウェアコントローラー

Loupedeckです!

いったいこの黒い物体でなにができるのか?

実はラップトップでこれまでしていた補正作業が

このコントローラーでできてしまうのです。

マウスやカーソルを使用せず、感覚的に調整が

行える面でとても画期的なツールと言えます。

現在SKYLUMのソフトウェアではHDR合成ソフトの

AuroraHDRが対応しておりその他Lightroom,Photoshop

premium pro、Final cut pro などにに対応しています。

なんと今後はLuminarでも使用できるようになるとのこと

なので、早めに使いこなしておきたいところ。

体の一部になるまで使いこなせれば、作業は格段に早くなり

より忠実な編集が可能となるでしょう。

非常に多くの人がこのツールに関心を持っていました。

是非どんなものかチェックしてみてください!

まとめ

今回の公演で

このソフトウェアは何か新しいことを実現させてくれる

と多くの人に感じてもらったのではないかと実感しています。

現に今使用している自分も今後の発展についてとても楽しみです

僕自身風景写真が大好きで活動していますが、お世辞抜きで

本当に気に入ってるソフトウェアの一つです。

写真が好きな方、風景写真が好きな人、画像編集が好きな人

きっと色々な方々にSKYLUMのソフトウェアは最高の

パートナーとなってくれるはずです。

これからもfotoshin channelでは風景写真の動画に加え

SKYLUMソフトウェアを中心とした編集チュートリアル動画

を配信してまいります。

より多くの人が写真をもっと楽しめれば本当に嬉しいです。

 

*お得な情報

SKYLUMのLuminar,AuroraHDRを購入される際

プロモーションコード

FOTOSHIN

を入力していただくと定価より約1000円ほどお得に

購入できます。

興味を持たれた人は是非活用してみてくださいね!

因みに今回の横浜CP+の講演内容と同様の動画を

配信しておりますので、どんなソフトウェアか知りたい方は

是非こちらもご覧ください!

Advertisement