真冬の寒さの中の撮影で一眼レフカメラを結露から守る方法と便利グッズまとめ

真冬の寒さの中の撮影で一眼レフカメラを結露から守る方法と便利グッズまとめ

はじめに

冬になると寒い地域に住んでいる人であれば

雪を見る機会があるでしょう。

雪が降ると周りの景色がガラッと変わり

本当に綺麗です!写真好きの人ならば

思わずカメラを持って外に出かけたくなるでしょう。

 

しかし、冬のカメラの取り扱いはそのほかの季節とは

少し違い、「寒さ」によるある重大な問題に気をつけなければ

なりません。

それは結露です。

寒さによる結露がカメラを殺す

身近なものでわかりやすいのは

寒い場所から室内に入った際に

メガネが曇ってしまう現象。

そうです、それが正に結露す。

冷たく冷やされた空気が暖かい空気に触れると

暖かい空気中の水蒸気が冷えることにより

凝縮結露(水分)に変わります。

(これは化学のお勉強)

 

つまりそれがカメラで起こったとしたら

カメラは水で濡れ濡れになってしまいます。

それが表面だけの話なら拭けばいいのですが、

センサー精密なパーツ、そしてレンズ内部など

迂闊にいじれない部分までもが

結露により濡れてしまうから厄介です。

Advertisement

一般的な対処法

徐々に温める

もっとも一般的で常に注意してれば

結露を防げる方法はカメラ・レンズを徐々

に温めていくことです。

例えば寒い外から帰ってきたら、ポカポカの

部屋に一気に持って行かず、まずは温度の比較的

低い玄関にしばらく置いて、そこの温度に馴染んだ

後部屋に入れるなど段階を踏むことです。

 

密閉できるジップロックに入れる

これも一般的な方法ですね。

段階的に温度を帰れない状況ってありますよね。

例えばスキーなどに行って友達の滑る姿を撮影して

昼ごはんを食べにレストランに行こう!なんてなった時

カメラを入り口に置いておくわけには行きません。

(ロッカーなどあれば話は別ですが。)

 

そんな時は密封性のあるジップロックにカメラやレンズを

丸ごと入れて持ち込みましょう。

ジップロック内の空気がまず先に冷やされていくため

いきなりカメラに近い部分の空気が冷やされず、結露しにくく

なります。もちろん100%、防げるとは言い切れませんが

効果があるのは事実です。

冬場は常にカメラが十分収まる程度のジップロックを

持ち運ぶと良いでしょう。

因みに私は5枚程度持っていき、入れる際は

ボディとレンズを分けて入れています。

Advertisement

寒さからカメラを守る方法

カメラを寒さから守るアイテム

結露する一番の原因はカメラが外気により

氷のごとく冷たくなってしまっていることです。

つまり、カメラを冷やさなけらば結露だって

起こらないのです。

では、答えは簡単!

カメラを寒さから守りましょう!ということで

カメラのダウンジャケットもあるんです。

 

 

 

 

 

これがあれば安心です!

ストロボもちゃんと使えるのでポートレイトの

シーンでも問題なく使用できます。

また、結露も防止できる他、寒さによる

バッテリーの消耗や、カメラそのものの

動作不全などの問題も解決できます。

冬もがっつり撮影するのなら一個は持っておくべき

アイテムでしょう。

 

撮影時のレンズ結露を防ぐアイテム

極寒の中でカメラを長時間放置するとレンズに結露が

生じることがあります。

そして結露した水分は瞬く間に凍りつきます。

長時間の撮影、タイムラプスを行う際はレンズを常に

温めておくことをオススメします。

USB端子のバッテリーから電力を得るので

バッテリーも合わせて揃えておくと良いです。

 

万が一結露で濡れてしまったら?

しっかり拭き取る

万全の対策をとっていながらも万が一

結露が生じてしてしまったら、まず見える範囲

は全てタオルなどで拭き取りましょう。

ボタンの隙間などはブロワーでしっかり水分を

吹き飛ばします。

 乾燥させる

表面的に乾いたと思ってもセンサー機室内や

レンズ内部の水分は完全に取りきれていません。

もちろん分解して拭くわけにはいきません。

この場合は乾燥剤(シリカゲル)を使用ししっかり

感想させましょう。

大きめな密閉式のプラスチックボックスに

乾燥剤と入れ1日〜2日入れます。

結露とは直接関係ないですが、日々のカメラ

の保管場所も実はとても重要です。

低温でも、高温でも、乾燥、湿気、度が過ぎれば

カメラの為によろしくありません。

大切なカメラのお家も買ってあげましょう!

 

乾燥するまで電源は絶対に入れない!

これは一番重要で、万が一結露を起こしてしまったら

「電源入るかな?」と思いつい電源を入れて

確認したくなりますが、これはアウトです。

ショートの原因となり、カメラが死にます。

完全にしっかり乾燥できるまで電源は入れては

なりません。

 

 

メーカーに問い合わせる

結露をしてしまった際に調子が悪かったら

直ちにメーカーに問い合わせをし、必要なら修理の

手続きをしましょう。

時間が経過すると状態も悪化し、かかる費用が

大きくなることもあります。

また、大手カメラメーカーではカメラの点検を

サービスとして提供しているので心配な人は

そこで点検してもらい問題ないことを確認してもらう

と良いでしょう。

Advertisement

まとめ

 

冬のは寒いけど、景色はその他のシーズンより

抜群に美しくなります。

寒さに負けず撮影に行く人もきっと多いはずです。

しかし、自分の体だけ守っていてはいけません。

カメラも大切に扱わないと、帰らぬモノとなります。

春が来るまでしっかり撮影を楽しめるように

カメラを大事にしていきましょう!

Advertisement