冬の外仕事に保温性、透湿性、防風性に優れた靴下が便利|ワークマンのスキルソックスが最高

冬の外仕事に保温性、透湿性、防風性に優れた靴下が便利|ワークマンのスキルソックスが最高
Advertisement

はじめに

冬の外仕事、雪かきや、アウトドアなど、

寒い時期にも外で活動しなければならない

または、活動したい時期になります。

体は暖かくして万全の状態で挑みたいものですよね。

 

冬にになると足先がとにかく冷える

といった経験は無いでしょうか?

結構厚めの靴下履いてるのに冷たいまま。

かといって沢山被せれば今度は逆に蒸れて

濡れてしまうこともあります。

極寒の環境ではこの蒸れは更に温度が奪われてしまう

可能性もあります。

 

そんな時にとても便利なアイテムがあるので紹介しましょう。

ワークマンのスキルソックス

今回はワークマンからのSKILL SOCKSです。

え?ワークマン?

ワークマンでなんとなく作業服を取り扱っている

イメージが強いですが、もちろん外で作業することを想定

してデザインされていて、最近ではアウトドアのシーンでも

かなり活躍しています。

 

私も冬の風景写真で長時間外に出ることが多いですが

早速先日このスキルソックスを使用し

冬の上高地で雪の中一日中歩き回って試したところ、

ほぼ一日中温かく過ごすことができました!

 

 

 

ワークマンHP

このスキルソックス何が素晴らしいのかというと

  1. 保温性
  2. 透湿性
  3. 防風性

に優れていることです。

保温性

内部のポリエステルポリウレタンの層が

足の体温を外に逃さないため温かく保つことが

できます。

透湿性

温かいだけでは意味がありません。

活動時人間の足からはとても多くの発汗があります。

もちろんこの汗は蒸れとなり時間が経つと

靴下が濡れて来ることがあります。

登山時インナーが汗や蒸れで濡れて冷えてくるのと同様に

足でも同様のことが起こります。

濡れた靴下を履いているままでは熱が奪われ

足先の冷えの原因になります。

スキルソックスは足から出た蒸れを外に

透過して逃がしてくれるのでドライな状態をキープ

してくれます。

(もともと足の発汗が多い場合は例外ですが…)

防風性

履いている靴にもよりますが

強風時など風が靴の面を通過して冷えを

感じさせることがあります。

風が吹くと一般的に体感温度は外気温よりはるかに

冷たくなります。

スキルソックスは一番外側のナイロン・ポリウレタンの層

外部からの風をブロックしてくれるので

体感温度だけでなく保温力にも大きく影響してきます。

Advertisement

スキルソックスの使い方

スキルソックスは基本的に直に履かず

靴下の外側に履きます

なので適切なサイズを選択することがとても大切です。

自分の足のサイズを元に購入するとやや小さめな

場合もあるので、実際にベースに履く靴下を元に

やや大きめなサイズを決めると良いでしょう。

 

もちろんベースになる靴下がペラペラで

保温性・通気性のないものでは十分な効果は

得られませんので、ベースの靴下選びも重要でしょう。

同じくワークマンからのこの靴下がオススメです。

 

温熱効果もしっかりあり、ウール素材なので

通気性もあり蒸れにくなっています。

スキルソックスとのセットならこちらのアイテムが

オススメです。

 

まとめ

体の末端を冷やすと活動性がガクッと落ちます。

足は行動する時に一番使う部分でもあるので

快適な環境をに保てるかはとても重要となります。

SKILL SOCKSは驚くほど薄いのですが効果はしっかり

あります。

靴下だけでは心細いと感じた時は是非使って見ると

良いでしょう。

 

指付きバージョンもオススメです!

Advertisement