朝日と夕日の撮影に使えるアプリTPEがとても便利!

朝日と夕日の撮影に使えるアプリTPEがとても便利!

はじめに

綺麗な夕日・朝日を撮りたい!

そう思った時まず一番大切なことは

なんでしょうか?

カメラ?レンズ?天気?

色々あるでしょうが、一番は

太陽がどこから沈み、どこから登るのか

ではないでしょうか?

どんなに準備が整っていても、太陽の行き先を

知らなければ朝日や夕日の撮影はできません。

太陽が登る方角、沈む方角は常に移動しており

季節によってその場所も異なります。

つまり、撮影する時期でそれらの位置を確認

しておく必要があります。

そんな時にとっても便利なアプリがあるので

紹介します。

その名もTPE(The Photographer’s Ephemeris

海外では多くの風景写真家の中で人気で

多くの人が使っています。

また使い易く機能性にも優れているため

評判も良い。

さてTPEとはどんなアプリなのでしょうか?

TPE(The Photographer’s Ephemeris)

iphoneApp storeで購入できるアプリです。

このアプリは1080円と有料ですが、それなりに

素晴らしい機能を搭載しているので、

値段相応かそれ以上の値打ちがあります。

僕も朝日・夕日の撮影時は必ずと言っていいほど

使用していて、かなり役立っています。

アプリは英語で記載されていますが、英語が

得意でない人も簡単に使いこなせるので

是非試して欲しいです。

このTPE盛りだくさんな機能の中から僕が特に

よく使う機能、注目している部分を紹介しましょう。

Advertisement

多機能なTPEの主な使用方法

基本画面

基本的な画面はこんな感じです。

Googleマップと連動しているのでGPS

をもとに現在地を特定できます。

 

太陽と月の位置の確認

この色の付いた線にはそれぞれ意味があります。

まず太い線の意味はそれぞれ以下の様になります。

  • 薄いオレンジは日の出
  • 濃いオレンジは日の入り
  • 薄い青は月の出
  • 濃い青は月の入り

細い線は現在時刻での太陽、月の方角を意味します。

日の出、日の入りの時刻

地図の真下には横にスクロールできる

時刻の記載された画面が表示されています。

ここではその日の日の出日の入り月の出月の入り

の時刻となんと計算上ですがゴールデンアワーブルーアワー

の時刻を確認することができる。

時刻の下には方位が記載されているので、この数字だけ

メモしておけば最悪アプリが使えなくてもコンパスを用いて

太陽や月の動きを把握することが可能です。

これは基本的な機能で本当に便利!!

また、アプリを使用している日だけでなく、

日程など自分の好きな日に指定できるので

半年後など未来の撮影プランを立てる時などにも

重宝します。

リアルタイムで太陽、月の位置確認、AR機能

ARボタンを押すと画面が地図から

カメラモードに切り替わる。

撮影のためではなく、リアルタイムでみている

景色に実際の太陽や月の位置、軌道を表示させた

機能です。

今太陽はどこにいるんだろう、

結局このまま行くとどこに沈むのだろう

といった情報を画面を通して把握することが

可能です。

画面下の部分をスクロールすると太陽や月も動き

指定した時間での位置を把握することが可能です。

 

隠れタブの超便利機能

基本画面の右横に縦長のタブがあります。

この中の機能にとても便利なものがあるので

こちらも紹介しましょう。

地形の把握

自分の居場所から任意の場所までの地形を

把握することができます。

 

まず手順を説明します。

  1. 自分の居場所、撮影ポイントに赤ピンを置く
  2. 任意の場所に山マーク付きの灰色ピンを置く
  3. 地形を確認する

この様にに地点での標高の変化が

図式化されて表示されるので

自分のいる場所から目標地点の間に太陽の妨げに

なりうる山などがあるか把握できます。

実際にその場に居れば見れば分かる話ですが、

この機能は主に計画を立てる時点で使うのが良いでしょう。

有害光の把握

隠れコマンド内のレイヤーを重ねた様なマーク

そして次に街灯マークを押してみましょう。

するとこの様に色分けされたマップが表示されます。

有害光の強い地域は赤から黄色

弱い地域は黄緑から濃い緑で表示されます。

星の撮影天の川の撮影を計画している場合には

とても参考になる情報でしょう。

これもTPEで一瞬で確認できてしまう。

本当に便利!

まとめ

以上朝日、夕日の撮影に重宝するアプリ

TPEを紹介しました。

厳密にはもっと多くの機能が備わっていますが

実際によく使うのは今回紹介した機能です。

風景写真を撮影する人には間違いなく重宝する

アプリケーションですので是非

撮影のお供にインストールしておきましょう!!

また新しい発見、オススメの機能などあれば

紹介していきたいと思います!

お楽しみに。

 

Advertisement