MT・マニアル免許を諦めてAT・オートマ免許を取ったことを10年後死ぬほど後悔した理由を述べます

MT・マニアル免許を諦めてAT・オートマ免許を取ったことを10年後死ぬほど後悔した理由を述べます

日本で車の免許を取得できるのは18歳になってからです。

車を運転できる喜びはどれほど大きいものでしょうか。

車があれば自分の行きたい所に好きな時に行ける。

まさに夢のような話。デートも幅も広がるぞ!!うれしー。

さて!自動車学校に行って免許を取得しようではないか、と思っていると

おや?どうやらある選択肢があるぞ・・・

AT・オートマチックの免許MT・マニュアルの免許

さてあなたはどちらを選ぶ? この言葉の意味をご存知の方も多いかもしれない。

今の時代オートマチック車の方が多いからオートマ限定の免許でいいや

オートマの方が運転楽だからマニュアルはいいや

オートマ限定の免許取得の方が安いし短時間でできるからそれにしよう

親がオートマでいいって言うから

なんて理由でオートマチック車限定の免許を選ぼうとしているとしたら

ちょっと立ち止まって下さい。

かれこれ10年も前の話ですが、マニュアル免許を取ろうと教習所に

通いましたが、マニュアルの講習の時に毎度当たる講師がなんとも性格が悪く、

怒るし、焦せらせる。合わせて上記に述べたような理由から途中でマニュアルを放棄し

オートマ限定にしました。その後問題なく免許も取れて自分の車をも買って何の不自由もなく

生活していましたが、10年後の今になってマニュアル免許を取得しなかったことを

死ぬほど後悔しています。

何故10年たった今マニュアル免許の取得の必要性があるのか

その理由を述べてみます。

是非参考になればと思います。

MT・マニュアル車とAT・オートマチック車の機能の違い

MT・マニュアル車

一般的にはギアを速度に合わせて手動で変えていく必要があり、走り出し、減速時はクラッチを

同時に踏みながら操作する必要があります

メリット

・操作性があり運転が楽しい

・速度に応じてギアを変えるので効率が良くエンジンへの負担が少なく燃費もいい

デメリット

・半クラッチのコツを掴むのに時間がかかる

・クラッチのタイミング、強さの加減でエンストを起こすことがある

・車の発進、停止の多い場所では操作が忙しくなる

・教習費用が若干高く、時間も3時間ほと長くなる

AT・オートマチック車

ギアの変換を車が速度に合わせて自動的に行ってくれます。

マニュアル車の難所であったクラッチの操作がないので基本的にはアクセルとブレーキ

で速度をコントロールする。

メリット

・ギアの変更、クラッチの操作がなく操作が簡単

・教習の時間がやや短く、費用も2万円程度安い(教習所による)

 

デメリット

クリープ現象によりブレーキを常に踏んでいないと勝手に前進し事故の原因になる

・速度に合わせて自動的にギアが変わるが燃費が若干悪い

 

以上マニュアル車とオートマチック車についての機能の違いと、メリット、デメリット

についてあらかじめ説明しました。

なんとなくこれでイメージがついたかと思いますのでここで決断して下さい。

が、

その機能性、操作性が云々というよりMT車両でないといけない場面があります。

むしろこっちの方が重要です。

MT(マニュアル)車が必要なシチュエーションについて

 

職種によってAT限定不可がある

運転免許を取得できる18歳の頃、10年後20年後の将来自分がどんな仕事をしているか

など想像も付かないでしょう。仮に就職できたとしても適応できず仕事を変えることもありうかもしれない。

世の中の求人サイトに目をやると『条件』のところに「AT(オートマ)限定不可」という記載を

時々目にします。

代表的な業種に運送業、営業職、農業、建築業、タクシー・バスドライバーなどはかなりの

確率でAT限定不可である。その他に事務職なのにAT限定不可という謎のケースも存在する。

職場で使用する車がMT(マニュアル)車であればそれに従わなければなら無いこともあります。

これから20年30年後の未来がどうかは分かりませんが、MT車の免許をあらかじめ取っておけば

万が一の時に困らなくて済みます。後々めんどくさい事になるくらいなら予め取っておおけば

安心です。

海外でレンタカーを借りる時に苦労することがある

 

海外はまだマニュアル車が多いところも

これは、この歳になってから痛感した事です。

将来海外でレンタカーを借りて運転するだなんて10年前思いもしませんでした。

2018年現在日本のレンタカーショップではAT(オートマチック)車がほとんであるため

オートマチック文化にかなり慣れてしまっていたようです。

海外旅行でヨーロッパ地域へいった際、レンタカーを借りようと思ったのだが

驚いた事にMT(マニュアル)車が多いのです。

オートマチック車ももちろんあるがはミッション車に比べレンタル費用が高く

場所によって倍近くの金額の差があるところもありました。

観光地など時期によってオートマチック車が出はらい、マニュアル車のみしか残って

無いこともよくあります。

うわ!!マニュアルの免許持っておらん!!

そんなことで楽しめた旅を諦めなければならないことは避けたいすよね。

アイスランドでレンタカーを借りた時

実際アイスランドでレンタルした時は、オートマチック車がギリギリ残っていたが

高いお金を出して悔しい思いをしただけだったので良買ったが、マニュアル車免許を

持っていたらレンタル代がかなり節約できました。

これがきっかけで真剣にマニュアル車免許を取得しようと思いました。

今後海外で生活してみたい思ってる人へ

また、今後海外でワーキングホリデイなどで滞在したり仕事をする際にも

付きまとう問題なので、その予定のある人は是非日本にいるうちに解決

しておくことをオススメします。海外で免許を取るのは結構大変です。

欲しい車がMT車であった時

外車にはMT車が多い

外車にはマニュアル車が多いです。ただし日本では日本人に売れるようオートマチック車を

多く輸入している。

せっかく外車に乗るのであればルックスだけでなくマニュアルの操作を楽しみたい

という人は絶対多いはずでしょう。

人並み外れたこんなお洒落な外車に乗りたいと思ったらまず

マニュアル免許を所得しておくべきでしょう。

他にも色々な代表的なマニュアル車がある。

【2018】マニュアル車(MT)のおすすめ車種19選!国内外の現行車種もご紹介!

是非参考にするといいでしょう。

オートマチック免許からマニュアル免許へ切り替えよう

オートマチック車を取得しなかったからといって

人生最後までマニュアル車の免許を取得できないかというとそうでは無い。

AT限定解除をしよう!

AT限定解除とはこれまでオートマチック車限定の免許を持っていた人が

マニュアル車を乗れるために免許を新たに取得するというもの。

限定解除の流れ

結果的に運転免許センターで一回約3000円程度の実技試験に合格すればいいだけ

のことである。

が、それまでオートマチック車にどっぷり浸かってきた人間がいきなり

試験を受けて合格するなんて不可能に近い。

仮に合格したといても、あんたどうやって練習したと怪しまれる。

お近くの自動車教習所で講習を受けよう

まずあなたの身近にある運転教習所へ行きマニュアル車の実技

講習を受けまましょう。ここでしっかり練習して運転免許センターの講習に挑みましょう。

気になるその費用ですが、

僕のいる地域の教習所だとなんと4時間で53352円(税込)!!!! たっけえ! 

しかし大体の相場がこれくらいです。

教習所によっても費用が異なるので比較してから決定すると良いでしょう。

講習の内容

クラッチ操作とギア操作

発進、停車、踏切手前の操作

坂道発進

S字やクランクといった狭路走行

方向転換

バック駐車

縦列駐車

 

限定解除!AT免許からMT免許へ変更する方法 から引用

などです。

詳細は教習所で実際に聞いてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これからオートマチック車限定を選択しようとした人は

考えが変わっただろうか?

決してマニュアル車の免許の取得を強要しているのではなく

いろんなことを踏まえた上で選択をして欲しいです。

もちろんオートマチック車限定でも日本であれば何不自由なく生活していけるでしょう。

ただ、マニュアル車の免許の免許があれば、物事の選択趾が広がったり、少し

節約に繋がったり徳をすることが多いです。

後になって僕のように後悔だけはして欲しく無いので、是非、よく考えて

免許の取得に挑んで欲しいです。