いる?いらない?どっち?登山でトレッキングポールをおすすめしたい理由を述べます

いる?いらない?どっち?登山でトレッキングポールをおすすめしたい理由を述べます

登山をする時あなたはトレッキングポールを持って行きますか?

「常に持って行きます。」

「足を守る為に持っていきます。」

「邪魔になるし持っていかない。」

「あってもなくても一緒。」

「なんかダサいし。」

「健脚なので必要ない。」

色々な意見があるでしょう。

実際に登山をしていると険しい上り坂でもトレッキングポールなしで登って行く人

もいれば平らなトレイルでも使っている人もいます。

そもそもトレッキングポールって何の為にあるのかご存知でしょうか?

僕も昔は、「かっこ悪いし、邪魔だ」という理由でアンチトレッキングポール派でしたが、

今となっては必需品。 なくてはならない登山道具となっています。

それは通常の登山から山岳写真を始めてからより必要性を感じています。

あなたがもしトレキングポールを使うかどうかで迷っていたら是非

この記事が参考になると嬉しいです。

トレッキングポールとは

一言で言うとです。

水戸の御老公が長距離を歩くのに使っているあの

あれも言ってみれば立派なトレッキングポールと言えるでしょう。

機能について

棒を使い本来膝、足の筋肉、関節ににかかる負担を手にも分散させる役があり

それらへの衝撃を緩和します。

 

登りでの役割

坂道を登る時、足の大腿筋、フクラハギの筋肉を収縮、弛緩して体を持ち上げながら

登って行きます。トレッキングポールを伝い腕力でその体を持ち上げるのに必要な筋力を

サポートします。同時に前へ進もうとする推進力が働くので坂道でも比較的登りやすくなります。

大幅な体力の節約になり、長時間の登山では欠かせないものと言えるでしょう。

ポールの長さは腕が直角に曲がるくらいが理想

急登、岩場では手を使う方が安全な場合もあるので状況に応じて使用しよう

 

下りでの役割

以外に知られていないのが下りでの役割だ。

僕はいろんな山の登山の経験から下りでの使用が最も重要と思っています。

さあ素晴らしい景色を眺めたし、あとは下山だ!楽ちん楽チン!

なんて思っていたら案外下山の方が大変。足首、膝の関節を痛めやすいのは実は

この下山に多いのです

人間の体はとっても重く、それに加えバックパックを背負っていて

段差を降れば、本来の重さ以上の負担が足にかかってしまします。

急いで降ろうものなら「ダン!、ダン!、ダン!」相当な負担が骨、関節にかかってしまい

踏み違えて捻挫、骨折などの危険性も大いにあります。

トレッキングポールはここではバランスを取るのに非常に役に立ちます。

・登りよりポールの長さは長めの、腰より少し上あたりが理想

・腕にまずゆっくり体重をかけなが足を降ろしていく

 

平地での役割

平地はよっぽどのことがなければ使用しなくても良いが、あると便利な場面がある。

トレイル状に大きな石がゴロゴロしている時などは、足のバランスを崩しやすいし、捻挫、転倒の原因

にもなる。トレッキングポールを使用するとバランスを取りやすく歩行が安定する。

大雨の後などトレイルに水たまりが多くできている時など、歩ける幅が狭まっている場所などは

トレッキングポールがあると安全に歩行ができる。

登山道の状況をみて使用の必要性を判断しよう

 

 

トレッキングポールの欠点

これまでトレッキングポールの役割、メリットを述べてきたが

もちろん使用時のデメリットもあるのでその点も押さえておきましょう。

 

種類が多すぎて自分に合ったものが選べない

これは僕も初めて購入しようとした時非常に迷った。

何せ種類が豊富で、色んな情報はあるけれど一体どれが自分に適しているのか

判断ができませんでした。そこでまずどんな種類があるのかおおよそ把握しておいて

実際にアウトドアショップの店員に聞いてみるのが一番良いだろう。

下の記事を参考にしてみてほしい。トレッキングポールの種類について

非常に詳しく、わかりやすく説明してくれています。

 

トレッキングポール(登山ストック)の選び方、使い方とおすすめモデル9選

不要時の収納に面倒

これは避けては通れないものの一つです。

登山道でトレッキングポールが不要になる場合その都度バックパックに収納しなければならず、

バックパックを降ろさざるを得ないこともある。それだけで体力を消耗するし悩みの一つ

でしょう。パートナーがいればその人に収納をお願いしたり、一人であればなるべくバックパック

を地面に降ろさなくてもいいような岩の上などにもたれかかり収納するなど工夫すると良い。

 

まとめ

トレッキングポールは通常の登山でも十分必要となる重要なツールです。

登山のスタイルによってはトレッキングポールの有無がその後の作業効率に

大きく影響することもあります。特に重い荷物を背負って登山に挑む、

テント泊、縦走、山岳写真などは通常より重おい荷物を背負って登山することになるため

その後の体調管理、作業効率を考えて少しでも体への負担を減らすことが非常に大切です。

トレッキングポールを使用することが健脚を否定することと思っていたら

それは間違いでしょう。自分の体をいかに守り、本当に必要な場面でその

健脚を活躍させてこそカッコイイ登山者と言えるのではないでしょうか。

まずは、高価なものでなくても試してみるとその必要性に気づくでしょう。

安全で、楽しい登山をしましょう。