『即効型貯金術』今日からでも始められる貯金法!誰でもできるとっても簡単な貯金法を教えます

『即効型貯金術』今日からでも始められる貯金法!誰でもできるとっても簡単な貯金法を教えます

「今月は絶対貯金するぞ・・・」

貯金とは僕たちの人生において永遠のテーマであり、

悩みの種であり、

間違いなく目を反らせない言葉の一つだろう。

給料日を迎えるとどうしても財布の紐が緩み

豪華なご飯や、洋服、旅にお金を使いたくなってしまう。

「今日くらいいいか!!!明日から節約」

ところがそんなにうまくいかないのが現実だ。

今まで貯金する時に自分の目標金額をしっかり達成できたことがあるだろうか?

「ない!」「あまりない!」「いつも赤字」

なんて人にとっても簡単な貯金法を紹介する。

僕自身貯金が苦手で欲しい物が絶えず湧き出てきて

なかなか貯金ができなかった。

しかし、実際この方法を試したらでたった半年で50万の貯金に成功した。

貯金額はあなたの元収入にもよるが、試してみる価値はあるだろう。

結論を言うとこれは自分への心理作戦なのだ。

自分の貯金のスタイルはどちら?

貯金のスタイルには大きく分けて二種類ある。

・手取り収入から貯金額をあらかじめ確保し残金で支出する・・・スタイルA

・手取り収入から支出し、残金を貯金する・・・スタイルB

まず自分の資金の使い方がどちらに当てはまるか日々の生活を

振り返ってみよう。その分析が非常に重要である。

では、それぞれのタイプについて説明しよう。

スタイルA:手取り収入から貯金額をあらかじめ確保し残金で支出する

その月の給料日になったらまず手取り収入から自分が貯金したい金額を除外し確保し

残金でその月をやりくりしている

おそらくほとんどの人が給料の手取り収入から光熱費、住宅ローン、車のローン、保険、など

毎月固定で引かれていく固定費があるだろう。

その場合、手取り収入から固定費を差し引き、その金額から貯金額を確保する。

して最終的に余った資金を生活費に当てていく。

スタイルB:手取り収入から支出し、残金を貯金する

給料日になったら特に支出について考えず、一ヶ月生活を送り

最終的に余ったお金を貯金に回す方法。

「節約しないと。」とは意識はしているも実際にいくら貯金するか

具体的な目標を持たず過ごしてしまう人はこのタイプに該当する。

失敗しやすいのはスタイルB!

上記の説明からだと明らかにBが失敗しやすいと検討がつく

おそらく貯金を上手くできない人はこちらのスタイルの人が多いだろう。

僕も以前はこのスタイルで貯金がなかなか貯まらなかった。

では、その理由を説明しよう。

残高が幾らあるか確認していない

給料日に給料が振り込まれた後必要な額を銀行や、ATMから引き出し使っていくが

足りなくなれば、引き落とし、また足りなくなれば引き落とし気づけば

あれ?もうないじゃん」とい結末に。

常に残高を確認していないがためにいつの間にか残高が底をつく。

仮に残高を確認していても人間の記憶とは曖昧なもので、2、3日過ぎれば

意外と忘れてしまうものである。終いに「まっいいか。」

必要時だけこまめに出金すれば節約に繋がると考えている人も多いが

実はこれは失敗の大きな原因の一つである。

ATMの手数料、積み重なると結構痛い

ATMでの出金は時間帯によって100円〜200円の手数料がとられる。

これが積み重なると結構痛い出費になる。注意が必要だ。

月に10回ATMから出金すると1000円〜2000円無駄にすることとなる。

この金額を「これくらい。。。」と思うか思わないかはあなた次第。

成功しやすいのはスタイルA!

実は貯金を確実に成功させるにはスタイルAが有利である。

実際に僕が半年で50万円貯金したのはこのAのスタイルを試したからだ。

では何故スタイルAが良いのか説明しよう。

貯金額を意識し出費へのブレーキ

具体的な貯金が既に確保されているため常にその金額を守り抜こうと

する思考が働く

支出金で上手くやりくりできればその月の終わりに確保した貯金は

真の貯金として貯まる。

支出金が増えてしまい確保しておいた貯金に手を出すことになると、結果として

貯金額は減ってしまうが、その際に「あっ、しまった!」と今後の出費に

ブレーキをかけることができる。

 

「結局私、貯金額に手をだしそうだわ。」という人には

各種銀行、郵便局が提供している自動積立式定期預金をオススメする。

定期預金についての分かりやすい説明と、オススメ銀行についてに

記事があるので以下を参考にしてもらいたい。

 

貯金をするなら自動積立定期貯金!金利も良いおすすめ銀行ベスト3は?

支出金の可視化による出費のコントロール

スタイルAでは目標となる貯金額も設定されるが、

同時にその月に使える支出金も可視化される。

自分にはこれしか使えるお金がないんだ!!!

と、やや自分を追い詰める感覚で出費を制限、コントロールいていく。

最初はなんだか自分はなんて貧乏なんだ、と思ってしまうが慣れてくれば

このコントロールすら楽しむ感覚が生まれてくる。

ここで支出金を可視化する上でとても重要なポイントがある。

・支出金は現金で財布、もしくは自宅で管理すること

可視化の真の意味は目に見えて、常に把握できる環境に置くということ。

お金を現金で手元におけば、すぐ使っちゃうじゃん!と思われるが、

以外にもそうでないのだ。

銀行で記帳したり、残高確認をしないと残高が確認できないという

一手間がある一方で現金で所持していれば常に残高を確認できる。 

大金を持ち歩きたくないという人は自宅で保管して必要分を財布にいれて

おくことをオススメする。

本当に今必要な物なのか考える

支出額が分かっているので、欲しいものを購入した際に

残りの金額が幾らになるかも想像できてしまう。

その際にこれは今本当に必要な物かな?」と自身に問いかける。

スタイルBでは残高がある程度あれば、「まあ買えるか…」と

あまり考えずに購入してしまうこともあるが、スタイルAではやはり自然と少し慎重になる。

きりがない物欲にブレーキをかける作戦でもある

頭の中で今本当に必要かシュミレーションし、優先順位が低ければ購入を見送る癖をつけよう

 

クレジットカードは貯金の大敵!

金銭管理で一番の大敵はクレジットカードと言っても過言ではないだろう。

この上なく便利なクレジットカードも時として牙を剥く。

クレジットカードの怖いところは、支出金の不可視化に作用するということ。

つまりスタイルBと同じく支出金が不可視化であるところに加え、未来に請求、引き落としが

されるため支払いの実感が薄れてしまうのだ。

そうは言っても、ネット上での買い物でクレジットカードはないと困ることも多い。

そこでオススメする方法して

クレジットカードで購入したら、その金額を予め引き落とし口座に入金してしまう

忘れた頃に請求がきて嫌な思いをするくらいなら、予め引き落とし口座に

入金してしまうのも一つの手だ。クレジットカードの買い物は特に注意が必要なので

注意しよう。

まとめ

基本的にはスタイルAを実践するだけで結果を出すことができるだろう。

この手法は一種のマインドコントロールである。

自らにルールを作り、意図的にプレッシャー、負荷をかけ制御していく。

この方法の実施自体はとても簡単であるが、やはり訓練は必要である。

もちろん100%成功する保証などない。

貯金には強い意思が必要であるのは理解しておこう。

自分の設けた挑戦に勝つか負けるか

それは自分次第なのである。

 

実践は超簡単。 

 

①貯金額を確保

②固定費を引き

③その残金(支出金)で一ヶ月生き抜く 

 

さあ、

ミッションスタート!